肌悩みがあってもベースは若々しい10代・・・

トラブルが起きてもケアすればなんとかなってきた20代前半・・・

「お肌の曲がり角」をむかえて少しずつ肌老化を感じる20代後半・・・

30代になると本格的に「肌老化」を実感し始めます。

今まで感じなかったシミ・しわ・たるみ等のエイジング系の肌悩みや体の不調等も出やすくなり、老化のサインを感じる事が増えます。

サインが出始めたら、トラブルが起きてからのケアでは手遅れになります。

スキンケアはもちろん、規則正しい生活習慣等も心がけ老化知らずの肌を維持しましょう!

30代の肌悩みと特徴

30代になると、少しずつ細胞の老化が進行し、肌老化を感じてきます。

肌の作られる周期~ターンオーバー~の遅れや、肌のハリや弾力を支える成分・ホルモン分泌等が減少し、メラニンが排出されずに蓄積されたり、肌のハリ・潤いが失われます。

そういったことが原因で気になり始める30代の肌悩みとその状況をまとめてみました。

シミ

シミの元になるメラニン色素は、肌の作られる周期~ターンオーバー~で表皮の下層からどんどん上に押し上げられ、最後には垢となって剥がれ落ちます。

しかし、メラニン色素が過剰に作られたり、ターンオーバーの周期が長くなる事で、色素が蓄積されシミになります。

メラニンが過剰に作られる原因は、紫外線・活性酸素・炎症・ホルモンバランスの乱れによるものです。

10代で浴びた紫外線の影響や、治りにくくなったニキビ・肌荒れの痕、妊娠・出産で大きく乱れるホルモンバランス等が原因で、30代で一気に気になり始める方が多くいます。

くすみ

明るく透明感のある肌は、正常なターンオーバーと滞りない血液やリンパの流れで成り立ちます。

くすみの原因は大きく分けると3つ、「血行不良」「老化角質」「乾燥」です。

血行不良で血液の流れが悪くなると、滞った血液が透けて見え、肌のトーンが落ちます。

角質は、正常なターンオーバーで垢となって剥がれているものが、

ターンオーバーが遅れる事で肌表面に蓄積されていると肌をくすませます。

乾燥して水分が不足した肌も、潤い不足で透明感が失われる事やターンオーバーの乱れから、肌をくすませる原因になります。

30代では、こういったくすみの原因が複数重なることでより気になり始めます。

たるみ

潤いと弾力のある肌は、正常なターンオーバーと新陳代謝で柔らかさやハリ・弾力がある状態を保っています。

しかし、真皮のコラーゲンやエラスチンの減少や衰えにより、真皮をささえきれなくなり、ハリ・弾力が失われてたるみになります。

30代では、加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少していきます。

また、表情筋の衰えからも、たるみが気になり始める時期です。

毛穴

10代・20代で、毛穴の開きやつまり・黒ずみに悩んだかたも多いと思います。

そういった毛穴は本来まるいのですが、30代では特に、しずく型で、頬を持ち上げると目立たなくなる「たるみ毛穴」に悩まされるかたが多くいます。

その名の通りたるみからくるものです。

加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少し、肌がたるんで毛穴が引っ張られ、縦長になって目立つ事で気になり始めます。

しわ

ハリのある肌は、正常なターンオーバーと新陳代謝で保っています。

しわの種類は大きく分けると3つ。肌の潤いが減少する事で出来る、比較的浅い「乾燥じわ」、たるみ同様、コラーゲンやエラスチンの減少から生じる「エイジングじわ」、表情を作る時のくせで出来る「表情じわ」があります。

今まで受けてきた肌ストレスやくせの積み重ね、加齢によって30代で一気にたるみが気になり始めます。

乾燥

潤いのある肌は、明るく肌触りも良いです。また、バリア機能も高く外的刺激を受けにくい状態にあります。

しかし、歳を重ねていくと水分を失い、乾燥しやすくなります。

加齢だけでなく、栄養不足も乾燥の原因になります。

また、30代になると紫外線や空気の乾燥等の外的要因の影響も感じやすくなります。

肌全体の乾燥までいかなくとも、目元や口元等、部分乾燥を感じるかたは少なくないと思います。

30代の肌悩みケア

こういった悩みがサインとして出始めの30代。

進行してケアが難しくなる前に、徹底的に対策してくい止めましょう。

保湿ケア

肌が乾燥すると肌表面が硬くなり、カサつき・くすみの原因になります。

また、乾燥しやすい目元・口元等は、乾燥じわが出やすくなります。

バリア機能の低下やターンオーバーの乱れにもつながりますので、1年通して保湿を徹底していきましょう。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン等、高保湿成分配合のコスメを選びましょう。

複数の種類が配合されていると、より保湿力が高まります。

化粧水はたっぷり与えましょう。何度かに分けて与える事をオススメします。

両手でお顔全体を包み込むように、優しくプレスしながら浸透させます。

量をしっかり使い、丁寧に押し入れていって下さい。

浸透しにくい場合は、コットンやフェイスシートを使うと入りやすくなります。

こすり過ぎたり、シートの時間の置きすぎには注意しましょう。

手に肌が吸いつく位まで潤ったら、必ず乳液をセットで使ってフタをしましょう。

部分乾燥が強い方は、美容液や専用アイテムを使ってのケアもオススメです。

また、紫外線対策や生活環境を整える事も保湿に繋がります。

紫外線ケア

紫外線は肌老化の最大の敵です。

シミの原因になるだけでなく、乾燥やしわ等、あらゆる肌トラブルを引き起こします。

保湿ケア同様に、1年通してしっかりと紫外線ケアをしていきましょう。

化粧下地やファンデーションは、UVケア出来るものを選びましょう。

紫外線量の多い時期は、天候や時間、シチュエーションに合わせて日焼け止めを使いましょう。

また、状況に合わせて、塗り直しやスプレー・ミストタイプ等の日焼け止めでしっかりとガードしていきましょう。

ウェアや帽子・サングラスや日傘等での対策も重要です。

日焼けしてしまった際には、肌を鎮静後に美白ケアも有効です。

また、食事にも気を使えると内からの対策になり、更に良いです。

洗浄ケア

しっかりと洗浄が出来ていないとターンオーバーが乱れ、老化角質が肌表面に留まり、硬くゴワっとしたくすんだ肌になります。

毛穴も目立ちやすく、化粧品の浸透を妨げるので悪循環に陥ります。

しかし、洗浄効果が高いだけ・強くこする・時間をかけるといった方法は、肌への負担を増やし逆効果になる可能性もあります。

日々のクレンジングや洗顔では、肌をいたわりながら優しくケアしていくことが大切です。

肌やメイクに合ったクレンジング・泡立ちの良い洗顔を使用して優しく汚れを落としましょう。

ホームケアでピーリング等を使用する際は、成分や形状、使用頻度に気をつけて行っていく必要があります。

不安な場合は無理にピーリングを使用せず、ホットタオルやスチーム、保湿ケアとの組み合わせで肌を柔らかくしながら日々のクレンジング・洗顔で少しずつケアしましょう。

ホルモンバランス

30代〜40代にかけて女性ホルモンが減少し、それによって乾燥・ハリや弾力の低下・シミ・しわ等の肌トラブルが現れはじめます。

そのままケアせずにいると慢性的な敏感肌を引き起こす可能性もあり、肌のバリア機能が低下し、今まで使っていたコスメが合わなくなるといった事にも繋がってしまいます。

ホルモンバランスを意識したケアを行っていきましょう。

食事では、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンや、ホルモンバランスを整えるビタミンEが含まれるナッツ類やゴマを積極的に摂りましょう。

ストレスを減らす事も大切です。

有酸素運動で自律神経を整えたり、アロマでリラックスする事もオススメです。

また、しっかり睡眠もとりましょう。

生活環境の見直し

ホルモンバランスケアとも繋がりますが、普段の生活そのものでお肌が成り立ちます。

食事・睡眠・運動等、すべてが肌状態に影響していきます。

30代に限らずいくつになっても適度な運動をし、バランスのとれた規則的な食生活を送ることがお肌の良い状態に繋がります。

「肌は内臓の鏡」と言われるほどなので体調管理も大切です。

季節の変わり目等、気温や湿度の変化があるタイミングは肌のトラブルも出やすいタイミングです。

しっかり管理する事で健康な体と肌を保ちましょう。

30代にオススメしたいケア

上記のケアの他にも是非していただきたいケアです。

マッサージケア

肌代謝が乱れると、いろいろな肌トラブルに繋がります。

特に、歳を重ねる毎に代謝は乱れやすくなります。

顔のこり・血液やリンパの滞りは、むくみ・たるみ・くま・くすみの原因になるだけでなく、ニキビ・肌荒れの原因にもなります。

マッサージは、圧や刺激を与えることで、筋肉のこりをほぐしたり、血液やリンパの流れを促します。

マッサージで肌代謝をアップさせ、ターンオーバーを整えましょう。

栄養分美容成分の浸透率も上がります。

ただ、マッサージは、間違った知識でしてしまうとたるませてしまったり、逆効果になりかねないので正しい方法で行う・もしくはサロンでお受けいたいただく事をオススメします。

ターンオーバーケア

肌を良くするためには、ターンオーバーはとても重要です。

ターンオーバーが乱れると、本来垢となって剥がれ落ちていなければならない老化角質が肌の上で留まったり、まだ新しい肌が作られていないのに角質が剥がれ落ちてしまったりします。

そうすることで、シミやニキビ跡をはじめ、あらゆる肌悩みに繋がっていきます。

ターンオーバーを整えるためには、紫外線対策はマストです。

そして保湿ケアも徹底しましょう。

それらと一緒に、ターンオーバー促進成分が配合されたコスメの使用がオススメです。

グロースファクターや幹細胞成分等、ターンオーバー自体を促す効果がある成分配合のコスメを美容液で取り入れていけると効果を実感していただきやすくなります。

デイリーケアにプラスしてみて下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか?

年齢で変化する肌に、変化に合ったケアを施していつまでも若々しい肌をキープしていきましょう。

ケアに迷ったり、自信がなかったら是非1度ヴァカンスにお立ち寄り下さい。

肌に合わせていろんなアドバイスをさせていただきます。

written by VACANCES:田澤

お顔の悩みもフェイシャルエステで解決!
VACANCESのご予約はこちらから初めてのお客様ご予約

×サロンを選んで予約する