よく「25歳はお肌の曲がり角」などとも言われるように、女性にとってお肌の悩みは年代によっても変わってきますよね。

20代は、初めてお肌の変化というものに気付かれる方も多い年代かと思います。

今回はそんな20代の方に多いお肌のお悩みと、原因、ケア方法についてお話ししていきたいと思います。

20代の肌の変化

仕事や学校、家庭環境や人間関係など、変化が訪れやすい20代には、10代の頃とは肌が変わってしまった…。などと思われる方も多いのではないでしょうか。

20代のお肌はお肌の皮脂、油分の量も不安定でストレスや忙しさによるお手入れ不足、不規則な生活習慣などでホルモンバランスがゆらぎ、バリア機能も乱れてしまうことがあります。

20代前半には、まだまだ活発な皮脂腺が原因でのニキビやテカリ、さらに過剰な油分や汚れが毛穴につまり、黒ずみになることも。

肌表面のざらつきや、メイクのりの悪さにもつながります。

20代後半になってくると、皮脂も水分も減少していく傾向にあります。

乾燥によってお肌全体がくすんで見えたり、目元や口元の乾燥が目立ちやすくなることもあります。

また水分が少ないことにより、これ以上の水分の蒸発を防ごうと皮脂の量が多くなることで、インナードライ肌になりやすく大人ニキビや肌荒れの原因にもなります。

お悩みダントツ1位!ニキビ・吹き出物

10代の頃は思春期ニキビといって、皮脂の過剰な分泌がニキビの原因となることが多いのですが、20代になると大人ニキビといって原因も変わってきます。

原因の多くは不規則な食生活やストレス、寝不足、間違ったスキンケアなど様々で、大学や社会人、一人暮らしを始めるなどの環境の変化が多いことも関係してきます。

こういった原因により、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れて、古い角質がたまることで毛穴が詰まったり、ニキビ・吹き出物が出来てしまいます。

また、思春期ニキビはTゾーンによく表れやすいのに対し、大人ニキビはあごやフェイスラインに出来やすいなど、ニキビが出来やすい場所なども変わってきます。

スキンケア方法

ニキビ・吹き出物が出来たからといって、ゴシゴシと顔を洗ったり、ただ単に洗浄力の高いものを使うのはNGです。

10代のニキビとは違い、20代のニキビは乾燥から皮脂を過剰に分泌していることが原因となっている可能性があるので、洗いすぎや摩擦などで乾燥しやすくなってしまうと逆効果。

クレンジング、洗顔ともにお肌にやさしいものを選び、洗顔はネットで泡立て、モコモコの泡で摩擦をしないように優しく洗ってあげましょう。

そのあとにしっかり保水、保湿をしてあげることも大切です。

特に赤い大きなニキビは、ニキビ菌が繁殖して炎症している証拠。

ニキビ菌は水分が多いところが苦手なので、出来ているところにコットンなどでお化粧水のパックなどをしてあげると、炎症が早くひきやすくなることがあります。

また、これ以上成長させない為にもなるべく手や髪で触れないようにし、清潔に保つようにしましょう。

つづいて2位!毛穴のひらき、黒ずみ

20代前半までがピークと言われる皮脂の過剰分泌は、毛穴のひらきやつまりの主な原因となります。

気温の上昇や偏った食生活などにより、皮脂が過剰に分泌され毛穴の出口が押し広げられてしまいます。

また逆に歳を重ねるにつれて20代後半頃は皮脂量も落ちつき、水分量も少なくなりやすくなるので、お肌が乾燥しやすくなり肌がしぼんで毛穴まわりがへこみ影になって毛穴が目立つようになります。

また乾燥は、皮脂の過剰分泌の原因でもあるため、毛穴が押し広げられて開いてしまう原因や、そのつまりが角質と共に角栓となってしまいます。

20代前半・後半の主な原因は変わってきますが共にこの角栓つまりになってしまうと、空気に触れることで角栓が酸化し、黒ずんで目立つ黒ずみ毛穴になっていってしまいます。

スキンケア方法

毛穴の開きや黒ずみを改善していくためには、お肌を乾燥させないことなど、皮脂の分泌をコントロールすることや、古い角質や汚れを落としていくことが必要です。

もちろんメイクはその日のうちに落とし、ニキビのスキンケア同様に洗いすぎや摩擦には充分注意し、優しく丁寧に洗いましょう。

はやく改善したい!からといって毛穴ごっそりパックなどを頻繁に行うのも要注意です。

乾燥しているお肌には逆効果になってしまうことも。

お肌が柔らかくなると、汚れも落としやすくなります。

お化粧水はたっぷり&しっかり保水し、乳液やクリームを使って肌内部に水分を閉じ込めましょう。

そして3位!お肌の乾燥

年齢を重ねるごとにお肌は水分量やコラーゲン 、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミド、皮脂など、うるおいやみずみずしいお肌づくりに必要な成分がだんだんと減少していってしまいます。

20代、特に20代後半になってくるとこれらの減少が始まり、10代の頃には感じなかったお肌の乾燥、かさつきが気になってくる方も多いです。

また皮脂量が少なく特に乾燥しやすいお肌の場合、目元などの薄い部分に、小ジワなどが出来てしまうこともあります。

このように10代の頃のお肌からだんだんと変化をしていくため、今まで使っていたスキンケアのままでは、保湿力が不足してしまっている…という恐れもあります。

スキンケア方法

乾燥にはとにかく保水!保湿!

減少していってしまう成分をしっかりスキンケアで補っていってあげましょう。

セラミドやヒアルロン酸なども肌なじみが良いので、お化粧水に配合されているものを使ったり、物足りなさを感じる場合は保湿に特化した美容液を入れてあげるのもオススメ。

また乾燥しやすい目元や口元にも、キワまでしっかり入れ込んでいってあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

20代は、初めてのお肌の変化わ感じられる方も多いかと思います。

自分のお悩みやお肌に合ったケアを見つけたり、見直してあげることも大切です。

適切なスキンケア方法で健康的で美しいお肌をキープしていきましょう。

written by VACANCES心斎橋店:戸梶

お顔の悩みもフェイシャルエステで解決!
VACANCESのご予約はこちらから初めてのお客様ご予約

×サロンを選んで予約する