皆さんこんにちは☆VACANCES戸梶です。本日は、加齢と共に現れやすくなる、シミについて。

シミは1つあるだけでも老けた印象を与えやすく、多くの方が悩まれるお肌トラブルですよね。

でも実際シミに気付いた時何から始めれば良いか、どのようなエステ、クリニックに行けば良いかなど、迷われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなシミの原因からセルフケアやエステサロンでアプローチできるシミケアについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

contents

1.シミの原因

2.エステサロンでの施術の種類

3.シミに有効な食べ物

4.普段から気をつけれるシミ対策

5.さいごに

1.シミの原因

そもそも、シミって何なのでしょうか?

シミとは、メラノサイトから生成されるメラニン色素が肌に沈着したものの総称をいいます。メラニン色素が肌に蓄積したままになることによって、地肌の色より濃く見えてしまう部分を、シミと言います。

では、なぜシミが出来てしまうのでしょうか?その大きな原因を、いくつかご紹介いたします。

◉紫外線によるメラニンの蓄積

紫外線の影響で増加したメラニンが肌に沈着すると、シミとなります。紫外線を受けると、メラノサイトからメラニンが多量に生成されます。

メラニンはターンオーバーによって排出されますが、紫外線を浴び続けるなどして多量のメラニンが生成されると排出が追いつかなくなってしまい、シミの原因となってしまいます。

◉間違ったお手入れや肌への摩擦

例えば、クレンジングや洗顔をするときに、強く摩擦やマッサージをしすぎたり、ローションなどをコットンを使って強くパッティングをしたりしてしまうと、多量のメラニンが生成されてしまいシミの原因を作りやすくしてしまいます。

◉ストレス

仕事や家事、環境の変化、人間関係問題など、ストレスの原因は様々ですが、ストレスによって発生してしまう活性酸素は、メラノサイトを刺激してメラニンの生成を促してしまいます。

また、ストレスはストレスはホルモンバランスを崩すことで、ターンオーバーが乱れ、結果的にメラニンの生成を促すなど、シミの大きな原因の1つとなります。

◉ターンオーバーの乱れ

メラニンは通常、ターンオーバーによって自然に排出されますが、ターンオーバーのサイクルが乱れているとメラニンの排出が遅れてしまいます。ターンオーバーのサイクルが乱れる主な原因は、睡眠不足や栄養不足など、生活習慣の乱れと繋がります。

◉虫刺されや傷跡の色素沈着

虫刺されや傷によって炎症がおこると、メラニンが生成されます。また、虫に刺されたところを刺激するなどして炎症が強くなると、それだけ多量のメラニンが生成されてしまい、炎症が治まった後、肌に沈着してしまいます。

2.エステサロンでの施術の種類

では、シミに気付いた時、気になり始めた時、また、シミが出来ない様にケアしていきたい時、エステサロンではどの様なシミ対策ができるのでしょうか?代表的なものをいくつかご紹介していきます♪

◉イオン導入

シミ対策・美白成分としては、「ビタミンC誘導体」という栄養や、この他にも、先述したようなシミの原因となるターンオーバーの乱れにアプローチする栄養などもあります。

例えばビタミンC誘導体は、メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」の働きを邪魔する他、メラニン色素を体外へ運び出す働きも持ちます。

シミが気になる多くの方は、市販のスキンケアなどでも、ビタミンC誘導体の入ったものを使われている方も多いのではないでしょうか。しかし、このビタミンC誘導体でシミの根源にアプローチするには、成分を肌の奥にまで届けていく必要があります。

ところが肌には、ごく微弱な電流が流れていて、微弱な電気のバリアが成分を弾いてしまい、成分が浸透できる確率は、全体の2%〜3%程度とも言われています。

そこで、フェイシャルエステでは、業務用の「イオン導入器」を用いて、肌にごく微量な電気を流すことにより、酸性に傾いている角質層やアルカリ性の顆粒層を中性に近づけることで肌の電気バリア力を弱め、ビタミンC誘導体などの成分浸透度を一気に上げることができます。

◉エレクトロポレーション

こちらもイオン導入同様、シミに効果的な栄養を、肌に直接浸透させる機能です。しかし、このエレクトロポレーションでは、特殊な電気パルスをあてることにより皮膚の細胞間に隙間ができ、美容成分をよりお肌の深部まで届ける事ができます。

その効果は、イオン導入の約20倍と推定されており、肌の状態に合った美容成分を使用すれば、最大限の効果を引き出すことが出来ます。

◉ピーリング/ゴマージュ

「ピーリング」とは、肌の表面に残っている古く厚い角質を溶かして除去するケア方法のことを指します。

また「ゴマージュ」は同じく角質を除去する手段なのですが、角質を科学的に溶かすピーリングとは異なり、自然素材のパウダー等を使って物理的摩擦で角質を落とす方法になります。

シミ対策になぜこのような角質除去があるのかというと、シミの元となっているメラニン色素という黒い色素が、この角質層に残ってしまうことで、肌が黒く見えてしまうためです。

肌のターンオーバーが正常な時には角質層もどんどん新しいものに変わる為、肌に色素はあまり残りません。しかしターンオーバーが乱れていると、古い角質がいつまでも外に残ることになり、本来なら除去できるはずのシミが、いつまでも肌の上で目立ってしまいます。

ピーリングではこの古い角質層を酸性成分で溶かし出したり、摩擦で擦りとったりして、ターンオーバーを正常化させる方法となります。ただ、お肌が乾燥していたり、敏感な方などにはかえってお肌に刺激を与えてしまったりする可能性もあるため、ご自身のお肌トラブルや状態、原因を十分に観察したり、エステティシャンに相談していただくことも大切になります。

◉光照射によるケア(フォトフェイシャル)

シミ等の肌トラブルの改善の目的で、IPLという特殊な光をフラッシュのようにあてるケアが、IPL照射やフォトフェイシャルです。

レーザー照射とは異なり、カメラのフラッシュのように広く柔らかに広がる光であることから、「広く浅いシミ」に向いたシミ対策であると言われています。

またIPLは元々、「肌のキメを整える」ということを目的に開発されたライトであるため、照射された部分はコラーゲンなどの生成が活性化され、キメ細やかになるという効果も期待できます。

◉リンパマッサージ

シミが出来やすい・一度できたシミが中々治らないという方に多いのが、リンパの滞りが起きているというケースです。

リンパの流れが滞ると、肌細胞は余分な水分や老廃物を捨てられずに溜め込んでしまいます。すると肌の生まれ変わりであるターンオーバーが遅くなり、シミが出来やすく残りやすい肌になってしまいます。

フェイシャルエステのリンパマッサージでは、顔や首周りなどのリンパの流れを整えていくことにより、不要な老廃物が排出されることで肌の新陳代謝が活性化し、メラニン色素が残りにくい、シミが出来でも残らないお肌へと導いていきます。

3.シミに有効な食べ物

シミケア、美肌ケアにとって、食生活の見直しもとても大切なこととなります。どうせ食べるなら、気になるお肌トラブルにも役立つ食べ物を取り入れたいですよね。シミ対策にも、役立つ食べ物はたくさんありますので、いくつかオススメをご紹介していきます♪

◉ビタミンA

ビタミンAは、肌のターンオーバーを促すことでメラニンの排出を高める成分です。

【多く含まれる食べ物】うなぎ・鶏レバー・にんじん・ほうれん草・ニラ・小松菜

◉ビタミンC

ビタミンCは、メラニンの肌への沈着を抑えたりめらの還元を促す成分です。

【多く含まれる食べ物】レモン・キウイ・いちご・パプリカ・ミニトマト

◉ビタミンE

ビタミンEは、血行を促して肌のターンオーバーをサポートしたり、抗酸化作用で活性酸素を抑えたりする成分です。

【多く含まれる食べ物】アーモンド・アボカド・うなぎ・鮭

◉たんぱく質

たんぱく質は、肌を作る材料になるため意識的にとることが大切です。

【多く含まれる食べ物】魚・卵・豆腐・鶏肉

◉亜鉛

亜鉛は、たんぱく質の合成や遺伝子の発現などに関わっている成分です。ターンオーバーを整える為に意識的にとることが大切です。

【多く含まれる食べ物】アーモンド・牡蠣・牛肩ロース・卵

4.普段から気をつけれるシミ対策

シミは、一度できると中々消えません。そのため、普段のお手入れでシミを予防することもとても大切です。シミが出来にくい習慣を身につけましょう♪

◉一年中、紫外線対策!

シミの原因となる紫外線をカットするためにも、紫外線対策は毎日気をつけましょう。特に日焼け止めは、SPFやPAの値により、季節やシーンに合わせて選ぶことも出来ます。また、お肌の負担にならないためにも、紫外線吸収剤は不使用のものを選ぶことがオススメです。

◉正しいスキンケア

肌に合わない化粧品による刺激や、摩擦などによってメラニンの生成は活発になってしまいます。洗浄力の強いクレンジング や洗顔で肌をゴシゴシ擦ったり、刺激の強い保湿化粧品や、コットンでの摩擦がおこるとシミが出来やすくなります。

また、保湿ケアが充分でない場合、肌が乾燥してバリア機能が低下することで結果的にメラニンの生成が活発になってしまいます。

他にも、クレンジング ・洗顔時のお湯の温度が熱すぎたり、逆に冷たすぎることでもお肌に刺激を与えてしまうため、注意が必要です。

◉正しい生活習慣を

生活習慣を整えることで、肌のターンオーバーのサイクルが正常化して、メラニン色素の排出が促されます。

具体的には、良質な睡眠・栄養バランスのとれた食事・適度な運動・喫煙や飲酒・自分なりのストレス解消を心がけることが大切です。また、良質な睡眠をとるためには、寝る直前の食事やスマホなどを避けてあげることも重要です。

◉スキンケア以外でも摩擦に注意

特に冬場は湿度も下がることでお肌も乾燥しやすく、バリア機能も下がってしまうため、ちょっとした摩擦がお肌への負担となってしまいます。

また、冬場は首元までタイトになった服や、厚手のセーターなど、着脱時にお顔との摩擦が生じやすい服装も多いかと思います。服屋さんで試着する時の様に、メイクカバーを使用したり、手でお顔と触れない様カバーしたりするなどを心がけましょう。

5.さいごに

いかがでしたでしょうか?

シミケアは、メラニン色素が増えすぎない様、日焼け止めやスキンケアを徹底しながら、規則正しい生活を心がけることが大切です。とは言っても、現代においてストレスを溜めないようにしたり、毎日完璧に過ごすこともとても大変ですよね。

気になり始めたら、早め早めのケアや、プロに相談することもオススメです。

シミやお肌トラブルに悩まない、透明感のあるお肌を守っていくためにも、少しでも参考にして頂ければ幸いです♪

written by VACANCES心斎橋店:戸梶

 

お顔の悩みもフェイシャルエステで解決!
VACANCESのご予約はこちらから
初めてのお客様ご予約