こんにちは!

VACANCES心斎橋店上田です(^O^)

 

1月も半ばに入り、急に冷え込んできましたね(TT)

寒さや風の冷たさなどが増し肌にとって過酷な環境に突入します。

 

冬になると肌トラブルが増える

肌の調子が安定しないと悩む方も多いのではないでしょうか?

 

気温や湿度の変化に伴い、

肌にもさまざまな影響が及んできます。

スキンケアも季節に応じて変えることがさらなる美肌への近道です。

 

【冬に起こりがちな肌トラブル】

 

気温、湿度ともに低下する冬は、

外気だけではなく暖房の影響などで室内も乾燥しがち。

空気が乾くと肌の潤いが蒸発しやすくなり、冷えによって血流も低下します。

 

乾燥するとバリア機能がもろくなるので、肌状態が敏感になります。

また、潤い不足で角質層の透明度が失われること、

血行が悪くなることがくすみにもつながります。

かさついた状態が続くと、ごわつき、小じわ、たるみにつながります。

 

さらに今の時代、生活には欠かせなくなったマスクの影響も。

マスク着脱時の寒暖差によって保湿をつかさどる酵素が減少し

バリア機能が乱れて乾燥や肌荒れを引き起こすと言われております。

冬は外気が冷たいため、他の季節よりも寒暖差が大きくなりやすいのです。

 

【冬のスキンケアのポイント】

 

・クレンジングや洗顔で洗い流しすぎない

→汚れを落とすことは大切ですが、必要な潤いまで流れないように注意しましょう。

しっかりと量を出し、こすらないように洗ってください。

すすぎは人肌の温度でお肌にしっかりかけるだけで大丈夫です。

 

・化粧水&乳液の基本ケアを徹底

→化粧水と乳液での保湿はスキンケアの基本ですが

冬は特に化粧水で水分をたっぷりチャージし、

蒸発しないように乳液で蓋をしましょう。

秋まで使っていたものでは物足りないと感じたら、

高保湿のものに変えてみるのもアリです。

量も、少し多めに出すことを意識してみてください。

 

・美容液で集中ケア

→美容液をプラスするのも手段のひとつ。

美容液は肌悩みに応じて必要な美容成分を集中的に肌へ届けることができるので

冬は保湿に特化したものを選びましょう。

 

・冬はクリームが必須

春夏は絶対に必要というわけではないですが、

冬に乾燥を感じるならクリームを取り入れてみてください。

油分がメインなので、乳液よりも肌にしっかり膜を張ることができます。

もしベタつきが気になるなら、塗布後に軽くティッシュオフしてみてください。

日中の乾燥が気になる方は朝塗るのも◎

少し馴染ませてからメイクすれば、メイクがよれることもないですよ♪

 

【特別ケアするなら?】

・マッサージを取り入れる

→冷えて血流が低下するとくすみなどにつながるので

普段のスキンケアにマッサージを取り入れてみましょう。

乳液やクリームをたっぷり塗布した後、

摩擦が起きないよう優しく顔をほぐしましょう。

朝でも夜でもどちらでも◎です。

 

・空間の加湿、水分補給を意識する

肌をどんなに保湿しても空気が乾燥していると潤いが奪われてしまいます。

加湿器などを活用して、部屋が乾燥しないようにしましょう。

体への水分補給もお忘れなく!

肌が乾燥するということは、全身にも潤いが巡ってないということなので

こまめにお水を飲み、内側からもケアしましょう。

 

乾燥が激しくなる冬は外からはもちろん、中からもしっかりケアをして

いつも以上に対策をし、

冬でも潤いのある肌をキープできるように頑張りましょう☆

 

×サロンを選んで予約する